無線綴じ冊子用データの作り方と注意点


無線綴じ冊子 無線綴じ冊子の注意点
無線綴じ冊子のお客様は必ずお読みください。



無線綴じ冊子の注意点

無線綴じ同人誌冊子イメージ

無線綴じ製本は、加工特性の関係上、写真のようにセンター(綴じ・ノド)部分まで開くことが出来ません。

見開きに渡るようなデザインの場合は、センター(綴じ・ノド)付近の文字・絵柄が見えなくなる可能性があります。また、ページ数や本文の用紙によって、センター(綴じ・ノド)部分の開き具合も変わってきます。


無線綴じ冊子 綴じ部分イメージ

また、ページ数が少ない場合は、背の部分に厚みがないため糊付け出来る範囲が少なくなり、印刷物を強く開くとページがとれてしまう可能性があります。

ページ数が少ない場合は、中綴じ冊子印刷をオススメ致します。



表2・表3、ノド・小口とは?

オモテ表紙(表1)の裏面を表2、ウラ表紙(表4)の裏を表3といい、冊子を見開いた状態の両端が「小口」、中央の綴じ部分が「ノド」といいます。

ご注文いただくページ数は、この「表1」「表4」「表2」「表3」の4ページ+本文のページ数となります。
「表2」「表3」に印刷をしない場合も、ページ数にはカウントされますので、ご注意ください。

また、無線綴じ冊子は1枚の紙に2ページ分を印刷しますので、ページ数は2ページ毎の選択となります。
データ作成の際はご注意ください。

表1、表2、表3、表4、小口、ノド、遊び紙 冊子各部名称説明イメージ



センター(綴じ・ノド)付近のレイアウトについて

文字中心の冊子では、ノド(綴じ)から余裕をもったレイアウトをお勧めします。

弊社では製本方法にPUR製本を採用しています。
PUR製本はノド元まで開きがよくなりますが、文章などはノドから離してレイアウトしたほうが
バランスが
よく、読みやすくもなりますので、オススメです。


▼PUR製本についてはコチラ
新しい製本の形 ガバッと開くPUR製本


※表2・表3とそれに隣り合う本文ページのノド側については5mmずつが完全に隠れますのでご注意ください。
詳しくはこちらをご確認ください。


ワンポイントアドバイス

小説など文字がメインの冊子や、読ませたい文字や見せたい図のレイアウトについては、読みやすさやバランスを考慮して 、小口・ノドともに 20mm以上、余裕をもたせるのがおススメです。
※冊子の内容にもよりますので、ノドの詰まりを考慮したうえで、出来上がりを想定し作成してい下さい。

ノド部分に余裕を持たせているイメージ

弊社では頂いたデータをそのまま面付けし印刷しますので、弊社でノド部分に余白を持たせるなどの修正は行いません。必ずお客様自身で余白などを含んだレイアウトをお願いします。

無線綴じの注意点 適切な余白がないと読みにくい小説となります


ワンポイントアドバイス

無線綴じはページを完全に開ききれないので、写真や図柄を見開きで配置すると、ノド(綴じ)部分が隠れてしまい、下記図のように写真や図柄がつながらない仕上がりとなります。

完全につなげることはできませんので、つながらないと困る図や文字、写真(人物の顔や、メインの被写体等)は、ノド(綴じ)部分をまたがないようレイアウトしていただくのがおススメです。

顔やメインの被写体がノド部分をまたいだ絵柄での仕上がりイメージ

メインの被写体がノドをまたいでいない絵柄の仕上がりイメージ


見開き写真について

PUR製本では、従来の無線綴じよりも開きが良いため、見開き写真もこれまでよりもグッと見やすくなりますが、ページ数・サイズ・用紙の厚さによって開き具合が変わるので、見開きの中心部分に「メインとなる被写体」や「重要な文字」などをレイアウトしないようにお願いいたします。

PUR製本は開きが良いため、見開き写真は繋がったままレイアウトしてください。従来のように意図的にずらすと、ズレた仕上がりとなります


表2・表3にはノリがつくため、ノド側5㎜が完全に隠れます。

表2・表3とそれに隣り合う本文ページのノド側については5mmずつが完全に隠れますのでご注意ください。
データ作成の際には、重要な文字などが隠れないように、充分余裕をあけてレイアウトしてください。

表2と表3のノド側5mmが完全に隠れているイメージ


従来の無線綴じ製本用に、わざと小口側にズラしたデータを作られている場合

PUR製本はノド元の開きがよくなるため、従来の無線綴じでは隠れていた部分が見えてしまいます。
従来の無線綴じ用に意図的に絵柄を左右それぞれの小口側にズラして見開きのデータを作成されている方は、絵柄が繋がったデータに修正をお願いいたします。

※ページ数・サイズ・用紙の厚さによって開き具合が変わるので、見開きの中心部分に「メインとなる被写体」や「重要な文字」などをレイアウトしないようにお願いいたします。



無線綴じの「表紙データ」に関しては、「見開き」で制作・入稿してください

無線綴じの表紙(表1、表4、背表紙)は、背表紙(背幅)が必要となるため、必ず「見開き」でデータを制作・入稿してください。
見開き…本や雑誌を開いた時、向き合っている左右の2ページ )

本文は単ページでのご入稿を推奨しております。

ただし、「背表紙に文字等を入れない」
「表紙・裏表紙ともに、背景が白(背景に色・柄のない状態)で、背表紙にもなにも印刷しない」
等の場合は見開きではなく、単ページでご入稿頂いても問題ございません。

表紙を単ページでご入稿頂いても問題のないデータ例はコチラをクリック

無線綴じの表紙データは「背幅を含んだ見開き」で作成してください

表紙、裏表紙、背表紙のデータをバラバラにご入稿頂くと、印刷できず、再度ご入稿をお願いする場合がございますのでご注意ください。

背幅はご注文内容によって異なりますので、背幅を含んだテンプレートデータはご用意できません。
ご注文内容にそって、お客様自身で計算し制作してください。

■ 背幅の計算方法はこちらをクリック
■ 無線綴じ「表紙作成例」はこちらをクリック


無線綴じ冊子印刷 背表紙(背幅)の計算方法とトンボについて

無線綴じ冊子印刷の場合、ページ数や本文の用紙(厚さ)によって背幅が変わります。 
そのためデータ作成時、お客様ご自身で背幅を考慮した上で、データ調整して頂く必要があります。 
右図の赤い部分が背表紙(背幅)となります。

また、PDFデータでご入稿頂く場合、背幅分のデータとトンボが必ず必要となります。 
こちらを参考に作成してください

Photoshop、Officeデータでのご入稿の場合、トンボは必要ありません。
背幅のトンボがない場合、お客様が意図したものと違う形で製本される可能性がございますのでご注意ください。

無線綴じ冊子 背表紙イメージ
背トンボイメージ

印刷背幅について(無線綴じ冊子印刷のみ適応)

〈背幅を計算する簡易方法〉


注文ページ数(全ページ)-4(表紙周り)× 本文用紙の厚さ ÷ 2


【step1】
ご注文ページ数から表紙分の4ページ(表1、表2、表3、表4)を引く → 本文ページ数 

【step2】
本文に使用する用紙厚の確認  → 本文用紙の厚さ 

【step3】
用紙1枚につき、表裏で2ページ印刷となるため → ÷2 

step1~step3によって出た数値を、上記計算方法にあてはめて出た数値が背幅となります。

【例】ご注文内容:54ページ、本文用紙が上質紙〈90kg〉の場合 

(54ー4)×0.120÷2=3


背幅→3mmとなります!

※尚、上記計算方法で出た背幅は、あくまで参考値となります。 
実際は、レイアウト絵柄などによるインク量で、多少厚みが変化する場合があります。 特にページ数が多いものに関しては、その誤差も大きくなる可能性が高く、背幅に文字等の絵柄をレイアウトする場合、余裕をもってレイアウトして頂けますようにお願い致します。 



背幅の自動計算はこちらをクリック

背幅自動計算と背幅目安表はこちらをクリック


下記図のような、背表紙と表紙・裏表紙でデザインがはっきりと分かれているようなデザインは、なるべく避けることをオススメ致します。

背表紙に文字等を入れる場合は、背幅が「4~5mm」以上ある場合がおススメです。

製本の際には、どうしても誤差が生じますので、細い背幅ギリギリに文字や絵柄を入れると、仕上がった際にズレが目立ってしまう場合もございます。
そういったズレが気になるという場合は、背表紙と表紙・裏表紙でデザインがはっきりと分かれているようなデザインは、なるべく避けることをオススメ致します。
背表紙を含めた見開きデータに背トンボを入れたトンボを付けたイメージ

IllustratorとPDFデータには必ず背トンボを付けてください 背幅トンボのつけ方のイメージ

Photoshop、Officeデータでのご入稿の場合、トンボ(背幅トンボ含む)は必要ありません。
表紙、裏表紙ともに、背景が白(背景に色・柄のない状態)で、背表紙にもなにも印刷しない場合は、単ページで入稿していただいても大丈夫です。

左綴じ「見開き」表紙(表1、表4)データ 作成例


サイズ・ページ数 用紙
A4(210×297mm)仕上がり・56ページ 表紙:コート紙 135kg
本文:コート紙 110kg (用紙厚:0.100mm)

(56ー4)×0.100÷2=2.6

背幅→2.6mmなので、下記の図のようなデータが必要となります。

左綴じ用無線綴じ冊子の表紙データ作成例

※表紙は本文をくるむようにして製本しますので、左綴じの場合、ページ配置は上記図のようになります。
ページの配置にはくれぐれもご注意ください。

見開きデータで作成の際の注意点(綴じ方とページ配置について)

背幅トンボのつけ方のイメージ

Photoshop、Officeデータでのご入稿の場合、トンボ(背幅トンボ含む)は必要ありません。
表紙、裏表紙ともに、背景が白(背景に色・柄のない状態)で、背表紙にもなにも印刷しない場合は、単ページで入稿していただいても大丈夫です。


見開きページを作成する際の注意点 「ページ配置」と「ノンブル」について

Dメイトでは、お客様が作成したデータをそのまま印刷させていただきます。
(デザインやレイアウトを弊社で行うことはありません。面付けなど、印刷用に変換するだけとなります)

面付けは弊社で行いますので、単ページ、もしくは見開きの状態でご入稿頂いて大丈夫です。
見開き…本や雑誌を開いた時、向き合っている左右の2ページ )


ただし、 見開きの状態で作成される場合、ページ配置が逆にならないようお気を付けください。

無線綴じ表紙(表1、背表紙、表4)以外は「単ページ」「見開き」のどちらでご入稿頂いてもかまいません。

単ページ、見開きページ、背幅を含んだ表紙見開きデータのイメージ


表紙(表1、表4)のデータは本文を「くるむように製本」しますので、ページ配置は下記の図のようになります。ご注意ください。

左綴じの場合のページの並び方イメージ

※一般的に、文字の流れに沿う形となりますので、横書きの書籍は左綴じとなっております。
綴じ方については、お客様のご希望のものをお選びください。

右綴じの場合のページの並び方

※一般的に、文字の流れに沿う形となりますので、縦書きの書籍は右綴じとなっております。
綴じ方については、お客様のご希望のものをお選びください。


ファイル名は、必ず何ページ目のデータであるかがわかるようなファイル名にして下さい。

面付けは弊社で行いますので、トラブルを防ぐためにも、ファイル名は、そのファイルが何ページ目のデータであるか分かるようなファイル名にしてください。
全てのページを1つのファイルに結合する場合は、必ずページ順に並べてください。

ファイル名の付け方

例:「hyo1hyo4.ai」「4p5p.ai」「p06.psd」など

PDFファイル等、各ページのデータが1つのファイルに結合されている場合、
結合前の各ファイル名はこちらで確認することができないので、表紙から順に印刷するページ順に並べて結合してください。結合されたファイルの並び順のままで印刷させていただきます。

【正しいページ並び例】 
表1→表2→本文1ページ目→本文2ページ目→(~本文続き~)→表3→表4
※正しいページ並びでない場合、お客様が意図したページ順と異なった仕上がりとなる恐れがございます。



ノンブルについて

(1)ノンブル(ページ番号)を弊社で追加することはございません。

ノンブルが必要な場合はお客様の方でそのように制作してください。

(2)捨てノンブル(印刷されないトンボの外に配置するノンブル)を入れる場合は、必ずトンボの外にレイアウトしてください。
トンボより内側に指示(捨てノンブル等)があると、その指示も印刷されてしまいますので、くれぐれもご注意ください。

※Adobe Illustratorでのご入稿の場合、捨てノンブルを入れることができますが、Photoshop等では入れることができません。
必ず何ページ目のデータであるか分かるようにファイル名をつけてください。

ノンブル説明


page top