インデザイン入稿ガイドAdobe InDsign データ作成ガイド

Adobe InDesignでデータを作成されるお客様は、トラブルを避けるためにも、必ずこちらのページを参考してください。

InDesignデータはPDFに必ず変換してからご入稿ください。




PDF形式に書き出す

InDesignデータは、 OSやバージョンによって対応できないことがありますので、 必ずPDF形式に書き出して「PDFファイル」でご入稿下さい。

また、書き出しの際は、下記の点にもご注意ください。


書き出しは「見開き」ではなく、「単ページ」で書き出してください。


トンボは、「内トンボ」「外トンボ」「センタートンボ」のすべてを書き出してください。


手順1〕 ファイル>書き出し

InDesignデータをPDFに書き出す手順1


手順2〕 書き出し>ファイル名をつけて保存

InDesignデータをPDFに書き出す手順2


手順3〕PDFを書き出し>一般を設定>見開き印刷のチェックを外す

「見開き」ではなく、必ず「単ページ」で書き出してください。

InDesignデータをPDFに書き出す手順3


手順4〕 
■ 書き出しプリセットをPDF/x-1a2001に設定

■ トンボと断ち落とし>「内トンボ」「外トンボ」「センタートンボ」にチェックを入れる
>断ち落としの「天」「地」「ノド」「小口」すべてに 3mm と入力 >書き出し

InDesignデータをPDFに書き出す手順4

PDFは必ず確認してください

インデから正しく書き出されたPDFデータと、書き出しを失敗しているデータ

インデザインからPDFを書き出すときは、必ず単ページで書き出してください

塗り足しについて

データは仕上がりサイズ(原寸サイズ)、または「塗足し」を含んだサイズで制作してください。

フチなし印刷の場合は、必ず「塗り足し」が必要となります。

ご注文内容とデータのサイズが異なっていると、印刷に進むことができない場合がございます。制作前、またはご入稿前に必ずすべてのデータのサイズをご確認ください。

サイズ一覧はこちらをクリック

ズレのイメージ

塗足しのないデータを
印刷した際の仕上がりイメージ

塗り足しの説明

右図のピンク色の線が仕上がりサイズです。この位置で裁断します。
この裁断の際に、多少のズレが発生します。(これは技術上防ぎようがありません)
そこで、ズレが発生しても紙の端に白場が出ないように、フチなし印刷を希望される場合は必ず「塗足し」が必要となります。
仕上がりサイズよりも、上下左右にはみ出している部分を「塗り足し」といいます。 塗り足しは上下左右に各3mmずつ必要です。
※ただし、背景が白場の場合(塗り足しが必要ない場合)は、仕上がりサイズでご入稿いただいても結構です。


また、仕上がり位置より内側にずれることもありますので、
切れて困る文字や図柄は最低でも、仕上がり位置から5mm以上内側にレイアウトしてください。
読ませたい文章などは20mm程余白を開けていただくと、読みやすい仕上がりとなります。

ワンポイントアドバイス
塗足し部分は裁断されますので、データ作成の際にはその点にご注意下さい。
例えば、塗足し部分まで文字がある、もしくは仕上がり位置ぎりぎりに文字があると裁断時のズレで文字が欠けた仕上がりとなります。
また、余裕をもってレイアウトしたつもりでも、塗足し分の裁断を考慮していないと、ギリギリの仕上がりになってしまう恐れもございます。

page top