フォトショップ入稿ガイドその他ソフト 入稿ガイド

その他のソフトでデータを作成されるお客様は、トラブルを避けるためにも、必ずこちらのページを参考してください。



■ ComicStudioで作成の場合
■ その他ソフトで作成の場合
■ データ作成の注意点




ComicStudioでデータを作成する場合

※ 必ずpsd形式にしてご入稿ください。

ComicStudio新規作成の設定

新規作成>作品をクリック 新規作品を開きます。
(1)カラーの場合は350dpi、モノクロの場合は解像度600dpi~1200dpi
(2)断ち落とし幅(塗り足し)3mmに設定してください。

ComicStudio 新規キャンバスの設定


ComicStudioからの書き出し方

入稿用データはPSD形式に書き出してください。
※トンボは不要です。

ファイル>書き出し>画像ファイルをクリック 画像のエクスポートを開きます。

ComicStudio psdへの書き出し方法

(1)等倍で出力にチェックをいれます。※縮小されたい場合は任意の設定をしてください。
(2)トンボは不要ですので、出力範囲はトンボの断ち落としまでを選びます。
(3)ファイル名は半角英数文字でつけてください。 種類はPhotoshopを選び保存してください。
※ファイル名が全角文字だと文字化けの原因となります。

ComicStudio psdへの書き出し方法

その他ソフトで作成の場合

印刷可能な保存形式

対応ソフト以外で作成の場合、下記ファイル形式でご入稿いただければ、印刷可能です。

推奨)

  • PSD形式(Photoshop)
  • EPS形式、PDF形式

※SAI、ComicStudio、GIMPなどもPSDでご入稿いただければOKです。
Comicstudioで作成する場合


その他)

JPG形式、TIFF形式、PNG形式なども印刷可能ですが、なるべく高品質なものをご用意ください。
※トンボは不要です。

データ作成の注意

画像の解像度について

カラー印刷をご希望の場合、画像の解像度は、実際に印刷する「原寸サイズで解像度350dpi」を推奨しております。

ただし、モノクロ印刷の場合は、「カラーモードがグレースケールの場合は解像度600dpi」 「カラーモードがモノクロ2階調の場合は解像度1200dpi」を推奨しております。

注意 解像度が推奨より低ければ低いほど、画質が粗く印刷されます。

パソコンの画面上ではキレイに見えていても、解像度が低いと印刷ではきれいに仕上がりません。

また、もともと解像度の低い画像の画質を上げることはできません。
当社で画像の解像度のチェックをすることはできませんので、お客様の方でご注意くださいませ。

解像度

トーンによるモアレについて

トーンによるモアレにご注意ください。

グレーの塗りにトーンを重ねると、モアレになってしまいますので、ご注意ください。

制作サイズ・塗足しについて

Photoshop形式(.psd)で入稿される場合、トンボは必要ありません。

無線綴じの表紙データもトンボのないデータで問題ありません。
ただし、フチなし印刷をご希望の場合は、仕上がりサイズより上下左右に3ミリずつの「塗り足し」が必要となります。

印刷物は、仕上がりサイズより大きい紙に印刷し、製本後仕上がりサイズに裁断(カット)します。
この裁断の際に、多少のズレが発生します。(これは技術上防ぎようがありません)
そこで、ズレが発生しても紙の端に白場が出ないように、フチなし印刷を希望される場合は必ず「塗足し」が必要となります。

【例】
仕上がりがA4サイズ 297mm×210mmなら、
4辺に塗足し3mmを足した 303mm×216mm
のサイズが必要となります。

サイズ一覧はこちら

そのため、背景が白場、または紙の端まで写真や図柄等がない)の場合は、塗足しが必要ないため、 仕上がりサイズ(仕上がりがA4サイズ 297mm×210mm)でご入稿いただいても結構です。


「塗り足しをつけたサイズ(仕上がりサイズ+塗足しサイズ)」では無かった場合、 とくに指示がなければ、中心から仕上がりサイズで断裁させていただく場合がございます。
お客様が意図するものと違った仕上がりとなる場合もございますので、サイズをお間違いないようくれぐれもご注意ください。

塗り足しの説明イメージ
塗り足しがある場合とない場合の比較イメージ


紙の白場が出てしまった仕上がりイメージ例
塗足しがないデータを印刷した場合、断裁後、このような仕上がりになります。

ズレのイメージ


※ご入稿いただくデータが塗り足しのついた、ご入稿データサイズ(解像度350dpi)になっているかご確認ください。

ご注文サイズ 仕上がりサイズ ご入稿データサイズ(塗り足しつきの場合)
A4 297mm×210mm 303mm×216mm
B5 257mm×182mm 263mm×188mm
正方形:210×210mm 210mm×210mm 216mm×216mm
正方形:182×182mm 182m×182mm 188mm×188mm
A5 210mm×148mm 216mm×154mm
B6 182mm×128mm 188mm×134mm
正方形:148×148mm 148mm×148mm 154mm×154mm
正方形:128×128mm 128mm×128mm 134mm×134mm

文字切れについて

裁断の際に生じるズレにより、紙の端に白場が出るのを防ぐために「塗足し」が必要となりますが、仕上がり位置より内側にずれることもあります。
仕上がり位置ぎりぎりに文字や写真、図形等をレイアウトしていると、内側にズレて裁断された場合、切れる・欠けてしまう恐れがあります。

そのため、切れて困る文字や図柄は最低でも、 仕上がり位置から3mm以上内側にレイアウトしてください。
読みやすさを重視するのであれば10~20mm程余裕があるのがおススメです。

塗足し部分、また仕上がり位置ギリギリにレイアウトされていたため、文字が欠けてしまったイメージ例

塗足し部分、または仕上がり位置ギリギリにレイアウトしていると左図のように、裁断でカットされてしまいます。

内外、共に最大3mm程はズレてしまうと想定した上で、レイアウトに余裕を持たせてください。

■切れて困る文字や図柄は、仕上がり位置から最低でも3mm以上内側にレイアウトしてください。

■文章の読みやすさを重視するのであれば、10~20mm程余裕をもたせるのがおススメです。

文字切れのイメージ

カラーモードについて 〔フルカラー・モノクロ〕

■カラー印刷の場合、カラーモードは必ずCMYKカラーにて作成してください。
※RGBモードで作られた画像を印刷した場合、画像がくすむ場合がございますので、ご注意ください。
詳しくはこちらをクリック

■モノクロ印刷の場合、カラーモードはグレースケールまたは、モノクロ2階調にて作成してください。
※グレースケールになっていないと見た目がモノクロでも色味が出てしまいますので、ご注意下さい。

RGBについて

RGBで制作されたデータは、印刷時に色の再現性が落ちますので多少色がくすんで印刷されます。
予め、ご了承ください。

印刷はCMYKで行われますので、RGBデータは少しくすんだ色で出力されます

レイヤーの統合

印刷しない不要なレイヤーを削除してから、
レイヤーをすべて統合してからご入稿ください。

※レイヤーを統合されていない場合、フォントが変わってしまう場合などがありますので、ご注意下さい。

その他、ノンブルやファイル名などについての注意点

同人誌・コスプレ写真集・イラスト集は、ページごとにデータを作成するため、複数データとなります。
そのため、ページ順が変わってしまうようなトラブルを防ぐため、ファイル名のつけ方等は下記の点に注意してください。

  • ファイル名はどのデータが何ページ目か分かりやすくするため、ページ数などを名前にしてください。
    例:「p01.psd」「p02.psd」「hyo1.psd」「hyo4.psd」など
  • 印刷に不要なデータ(アウトライン前のデータや印刷しないデータなど)を一緒に送らないようにご注意下さい。
  • ページ番号(ノンブル)が必要な場合は、必ずお客様で付けていただくようにお願いいたします。
    ※ 当社でノンブルをつけることはございません。

page top